MENU

秋の味覚「三陸塩釜ひがしもの」

| コメント(0) | トラックバック(0) facebook G+
こんにちは!みちのく庵の若女将です♪

全国的には最も遅い真夏日が毎日のように更新されているようですが

蔵王の麓ここ鎌先では、秋の深まりを日々感じております。


blogP1310421.jpg

さて...

先日は「栗」、そして「松茸」と秋の味覚をご紹介してきましたが

第三弾は「三陸塩釜ひがしもの」のご紹介です!!


「ひがしもの」とは...


初秋から初冬にかけて、宮城県塩釜港には「三陸東沖」で漁獲された生の「めばちまぐろ」が水揚げされます。

この時期、塩釜港に水揚げされる「めばちまぐろ」は、

三陸東沖に集まったサンマやイワシなどの豊富な餌をたっぷりと捕食し、

良質の脂をたっぷりと蓄えます。

そしてその脂が赤身まで広がり旨味もつよく大変美味であります。

「ひがしもの」とはその中でも鮮度・色艶・旨味などにおいて最も良質なもののみに与えられる「称号」です。


今日も塩釜マグロ問屋さんから8キロの大きな「ひがしもの」が届きました!!


blogP1310424.jpg

トロ・中トロ・赤身...どの部分もそれぞれの味わいがあります。


blogP1310425.jpg

経験と知識豊かな目利き人により見極められた「ひがしもの」♪

是非この季節にお召し上がり下さい♪

そして...

「松島・塩釜を観光して塩釜でマグロを買いたい!」とご希望のお客様!!

とっておきのマグロ屋さんをご紹介いたしますよー♪

宮城のおいしい秋をどうぞたっぷりとお愉しみ下さいませ♪






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://michinokuan.com/mt/mt-tb.cgi/433

コメントする