MENU

読書の秋・おすすめの一冊

| コメント(0) | トラックバック(0) facebook G+
こんにちは!みちのく庵の若女将です♪


台風26号の影響に一日中振り回された本日。


「10年ぶりの...」という台風も午後には温帯低気圧に変わり


大きな被害もなく、お客様も無事に帰路につかれ...ほっとひと安心です。


また、悪天候にもかかわらずおいで下さったお客様たち!!


高速道通行止めの中を「みちのく庵の料理が食べたい!!」とようやくたどり着いて下さったお客様!!


本当にありがとうございました♪


お空の大掃除のおかげで、明日はさわやかな青空が広がることを期待しましょう♪


さて...


秋の夜長。皆様どんな夜をお過ごしですか?


読書の秋にちなんで


今日はおすすめの一冊をご紹介いたします♪


私の尊敬する素敵な奥様Mさんからいただいた大切な本


内館牧子著
 「二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる」
                                        潮出版社 1200円

blogP1310500.jpg

震災前に東北大大学院に入学した内館牧子さんが、


三年間を暮した仙台での日々、


そして大学院終了後も相撲部監督として通った仙台


さらには震災後の仙台についてを書き綴ったエッセイです。


ご存知の方も多いとは思いますが


「読売新聞」宮城県版に月一で掲載されている「内館牧子の仙台だより」に掲載されたものです。


仙台にお住まいの方はもちろんの事、


仙台ファンなら「知ってる♪知ってる♪」というお店や街並みが次々と登場します♪


一人で読んでいてもついつい「ぷっ」吹きだしてしまうほどユーモアに溢れていて


スカッとするほど小気味よく元気が出て、すっかりこの本に魅了されてしまいました♪


自分たちでも気づかないような仙台人気質や仙台の魅力にはっと気づかされることも多々...


「仙台に行きたくなったー♪」と思ってしまう内館ワールドにならって


私も「みちのく庵に行きたくなった―♪」と思っていただけるよう文章力を磨かなくては!!と奮闘中です♪


是非、本屋さんで探してみて下さいね♪











トラックバック(0)

トラックバックURL: http://michinokuan.com/mt/mt-tb.cgi/436

コメントする