MENU

2017年10月アーカイブ

新米ごはん

| コメント(0) | トラックバック(0) facebook G+

里山に訪れた収穫の秋。 

 

黄金色に色づいた稲穂を刈り取る光景があちらこちらで見かけられるようになってきました。 

 

みちのく庵でも契約農家さんからの「新米の用意ができたよー!」の知らせを受けて

 

早速新米ごはんを皆様にお召し上がりいただいております。

 

IMG_1279.JPG

 

お客様から「ほんとに美味しいお米だね!」ってほめていただく今回の庵のお米は

 

白石市内から鎌先方面に向かう途中に広がる田園地帯「原地区」で作られた

 

「田切さんちのひとめぼれ」。

 

夏はホタルが舞う山の清流と、粘土質の土壌で育てられたお米です。

 

光沢が美しく食味の良いことから

 

「その美しさとおいしさにひとめぼれして欲しい」との願いを込めて命名されたひとめぼれは

 

宮城生まれの宮城っ子。

 

それが今や全国に広まり、作付面積はコシヒカリに続く全国第二位だそうです。

 

適度な粘りと独特のやわらかさがあり、大粒で飽きのこない甘みが特徴です。

 

ごはんのおかわり大歓迎♪

 

お米の美味しさを存分に感じていただけましたら幸いです♪

 

 

 

月別 アーカイブ