MENU

鎌先温泉街「粋 sui」オープンに向けて

| コメント(0) | トラックバック(0) facebook G+

本日2月18日の河北新報に「鎌先温泉に憩いの場」と題した記事が掲載されました。


この地に暮らす人々が中心となって、地元食材を生かした飲食の提供と、

オリジナルの商品を販売しながら交流の拠点となる場所を造ろうという取り組みについてです。

今までこのエリアには「温泉」「こけしの里」「献上米の産地」という

地域の特性がありながら、それを生かすお店がありませんでした。

そして温泉街の入り口中央に位置し、皆様に惜しまれつつ昨年6月閉店したお店のシャッターを

再び開けるという事も、温泉街には大事な課題となっていたのです。


少子高齢化と過疎化が進む中、住民が一丸となって地域の活性化に取り組むことは、


観光客へのおもてなしのみならず、この地で暮らす人々を元気にすることにもなります。

 

地元の自治会長さん達が中心となってこの鎌先温泉に活気を取り戻す準備を進めています。 

今夏7月オープンを目指したお店「粋 sui」。旧鈴木屋売店

鎌先温泉プロジェクト「粋 sui」イメージ.JPG


店舗の改装には多摩美術大学の教授監修のもと

大学院生が明るく開放的な空間をデザインを施しました。


そして今、多くの皆さまが鎌先温泉を訪れる楽しみのひとつになることを願いつつ、

選りすぐりの「モノ」選びに奔走中です。
 
 ◆代表の田切富生さんは自ら育てた「ひとめぼれ」を使い、

  蔵王酒造にてオリジナル純米吟醸を特注。

   ◆地元農家の方々も、新鮮野菜や米を使った新たな特産品の商品化を検討中。

 ◆こけし工人も新しいスタイルの木工品を考案中。などなど...。

 

この地に暮らす人々が、プロジェクトの成功に向けてひたむきに頑張っています。


そしてこの活動を支援していただけるようインターネットのクラウドファンディングにて

賛同していただける方々の出資を募集しています。


https://readyfor.jp/projects/15057

 このプロジェクトにより野菜やお米を作る方々は、食べてもらう生きがいを感じ、

観光のお客様には旅がより思い出深いものになることでしょう。

素材にこだわり選び抜かれた商品の数々は、訪れた皆様の旅の思い出と共に世界中に広がってい

くことと思います。

出資していただいた資金はたくさんの人が集う素敵なお店作りの為に活用させていただきます。

皆さまの応援、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

連絡先   「鎌先・弥治郎・上原地区活性化推進組合」

       代表 田切富生  TEL 090-2027-1724

 

 このプロジェクトの進行はこれから順次報告させて頂きます。どうぞお楽しみに♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://michinokuan.com/mt/mt-tb.cgi/589

コメントする

月別 アーカイブ